地元で勉強会コミュニティを立ち上げるのなら

地元で勉強会を立ち上げるのなら、てはじめに『○○大好き!』とか、『○○っていいね!』というコミュニティを立ち上げることをおススメしています。

○○には、勉強会を立ち上げる地名を入れてください。

これらのコミュニティを立ち上げると、地元愛がある人、地元の情報、交流に興味のある人、レベルはともかくソーシャルメディアに積極的な人が勝手に集まってきます。

とくに営利目的ではなさそうなコミュニティに見えると、人は気軽に入りやすくなりますからね。

で、参加していただいたメンバーで、地元情報を共有してもらうと、それほど労せずともグループは活性化するはずです。
年に一、二回ぐらい、リアルで交流できる異業種交流会などを企画すれば、積極的に参加してもらえますし、その時に主催者として仕切るわけですから、一番いろいろな人と話せますし、名刺交換もできます。
参加された方も主催者が何者なのか、どんなことをしているのかに興味津々のはずです。

そこで勉強会の告知をしてもいいでしょう。
勉強会開催に社会的理念を掲げることができれば、一気に求心力を高めることにもなるでしょう。

目先の集客も大切ですが、もう少しロングスパンでの集客の仕組みを作っておくことも重要だということです。

ただし、この手のコミュニティ戦略は、首都圏ではあまり効果はありません(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です