身内だけの勉強会は、続きません

よく、仲間を集めて勉強会を開催する人がいらっしゃいますが、それだとなかなか続きません。
それは、最初に集まったメンバーが飽きずに継続的に参加してくれるとは限らないから。
結果、メンバーが減少し、採算が合わなくなり、フェードアウト…。

続く勉強会を立ち上げる場合、必ず、メンバーの新陳代謝を前提としなければなりません。
そこで必要になるのが、勉強会のコンセプトです。
何のために開催するのか、この勉強会に参加するとどうなれるのか、どんなメンバーに参加して欲しいのか…そういうことを先に決めておくのです。
そうすることで、常にそのコンセプトに共感してくれたメンバーが入るため、メンバーの入れ替わりがあったとしても継続することが可能になります。

私も、実際に「東京ビジネス勉強会 江戸スタ」という勉強会を開催しておりますが、三分の一が毎回参加してくれる人、三分の一が数回に一回参加してくれる人、そして、三分の一が新規の参加者となっております。

東京ビジネス勉強会 江戸スタ
https://www.facebook.com/groups/416050895213577/

やはり、ある程度の新陳代謝があった方が、勉強会は健全に運営できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です